FC2ブログ

【活動報告】小学生のための防災おはなしかい

メンバーのひろりんです♪
台風の影響が心配されましたが、8/8(水)流山北部公民館にて『小学生のための防災おはなしかい』を開催いたしました。
参加者小学生13名、保護者弟妹等見学12名と荒天の中、子ども大人とたくさん来てくださいました♪
子どもたちは初対面の子も多かったようですが早々に打ち解けあい、和やかな雰囲気でスタートです。

春の南流山に続いて二回目の開催。
今回も参加者の自己紹介からスタートです。
通っている小学校と学年、夏休み楽しかったこと、楽しみにしていることを発表しあいました。
続いて班別対抗で三択の防災クイズです。今回は難しい問題でメンバーも悩んだほどです。しかし子どもたちは悩みながらも答えを出し、なぜその答えを選んだかを説明しあい、最後はきちんと班としての答えをまとめあげました。みんな、とても立派です!
その後は代表の青木による、防災についてのお話をさせていただきました。
参加者の子どもから「そこが安全とは限らない」と言う意見も出ました。その通りです。必ずしもココが安心安全と言うことはありません。通学など1人で行動することも多い小学生に、臨機応変に対応することの大切さを伝えることが出来て良かったと思います。
最後は非常用リュックの中身を考えるワークショップです。飲み物、食べ物はもちろん、着替え、薬、電池、メモなどなど真剣に考えているのが分かりました。今回も班別に発表しあいましたが自分の班で出なかった物に、なるほど!とメモを取る子もいました。

今回も子どもたちの防災の知識、意識の高さを感じました。
子どもたちが1人で被災したときも慌てず怖がらず無事でいられるよう、ご家族や学校や仲間などで改めて話し合って頂けたら嬉しく思います。そのキッカケ作りを私たちは今後もしていきたいと思います。
お声がけいただければ、お近くでの開催も可能です♪
20180811091254b2a.jpg
スポンサーサイト

防災カルタ案残り1ヵ月、まだまだ募集中です!!

こんにちは!メンバーのあきゅです。
6月より募集をしております、防災カルタの文章案。まだまだ作品募集中でございます!!

あと残り1ヵ月!たくさんのご応募待ちしております。

さて、先月は学校別応募数の順位をお調べしましたが、今日は学校別応募数に加えて、
学年別応募数も発表しちゃいます!(8/1現在)


じゃじゃーーん!!

【学校別応募数】
第1位  おおたかの森小学校
第2位  長崎小学校
第3位  南流山小学校


入れ替わりもありましたが、他小学校もどんどんカルタ案届いています!

【学年別応募数】
第1位  4年生
第2位  3年生
第3位  5年生


3、4年生の中学年、たくさん応募してくれています!


なお、1人あたりの応募数に限りはありません!
思いつく限り、たくさんたくさん応募くださいね!

「応募用紙がない!!」と言う子も安心してください~
必要事項が明記されていれば、どんな紙でもOKです!チラシやカレンダーの裏紙でもOK!
どしどし応募くださいませ!

【募集期間】6月1日から8月31日まで

【対象】市内の小学1年生~6年生

【応募方法】①メール nkp.nagareyama@gmail.com
②郵送 〒270-0163 流山市南流山6-29-1-3-514 青木宛
③市民活動推進センター設置の応募ボックス

【必要事項】学校名(学年)、名前(フリガナ)、連絡先(電話)、文章案

【問合せ】流山子育てプロジェクト:nkp.nagareyama@gmail.com

【賞】防災危機管理課賞1名 ユーモア賞1名 優秀賞3名 (図書カード1000円進呈)

【発表】9月中旬予定。受賞者には個別に連絡。団体HPに発表し、受賞式を予定しています!

NKPカルタ

【参加者募集中】8/8 小学生のための防災おはなしかい

先週発生しました西日本豪雨により、被災されました皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。


こんにちは!メンバーのあきゅです!
さて、今回はNKP主催、小学生向けの講座、「防災のおはなしかい」の開催ご案内です。
前回は南部地区開催で、大変好評のため、すぐに満席になった人気の講座です。今回は北部地区で開催します。

今回の豪雨被害でも、子どもたちが学校にいて孤立してしまった、そんな事例があったようです。
親に会えない不安の中、子どもたちがどんな気持ちで助けを待ったのか。
事前の備えや、知識があることで、「気持ち」を楽にしてあげることもできるのではないでしょうか?
そんなちょっとした「知識」を子どもたちに伝え、一緒に考えていく。それが「おはなしかい」です。


「防災~ぼうさい~」って言葉にするとちょっと難しい気がする。
でも、しっかりと知っていて欲しい。大事なこと。
子どもにだって、できる「防災」を、みんなで話し合ってみませんか?

せっかくの夏休みだからこそ、ちょっと成長してお兄さんお姉さんになって、備えて欲しいもの。
ぜひ、たくさんのお友達の参加をお待ちしております!

小学生のお子様向けのイベントになりますが、保護者の方や弟妹の見学もできます。
(あくまで見学となりますので、ご了承くださいませ)
ご希望の方は、お申込み時に見学の旨、お知らせください。


~みんなで考えてみよう~
小学生のための防災のおはなしかい

日時:2018年 8月8日(水) 受付9:45~ 10:00~11:45
場所:北部公民館 1階第2会議室
参加費:無料
持ち物:筆記用具、飲み物
定員:小学校1年生~6年生まで 20名(当日も空きがあれば受付できます)
講師:流山子育てプロジェクト(NKP) 代表 青木八重子
申込み:E-mail nkp.nagareyama@gmail.com (担当:今村)
 参加者のお名前(フリガナ)、学年、イベントを知ったきっかけを明記の上、お申込みください。


防災カルタ案 まだまだ募集中です!

こんにちは!メンバーのあきゅです。
6月より募集を開始しています。防災カルタの文章案ですが、続々と子どもたちから応募がきています。
大人もびっくりするような、『防災』に関することが書かれていて、メンバー一同驚きの毎日です。

ここで紹介したいのをぐっと我慢して、今日は、学校別の応募数の途中経過順位を発表したいと思います!

じゃじゃーーん!!

第1位  南流山小学校
第1位  おおたかの森小学校
第2位  流山小学校
第2位  西初石小学校


なんと、1位と2位共に同応募数の学校があります!
他の学校も、たくさん応募いただいていますよー
これからもどしどし応募お待ちしています!

なお、1人あたりの応募数に限りはありません!
思いつく限り、たくさんたくさん応募くださいね!(*・`ω´・)ゞ

「応募用紙がない!!」と言う子も安心してください~
必要事項が明記されていれば、どんな紙でもOKです!チラシやカレンダーの裏紙でもOK!
どしどし応募くださいませ!

【募集期間】6月1日から8月31日まで

【対象】市内の小学1年生~6年生

【応募方法】①メール nkp.nagareyama@gmail.com
②郵送 〒270-0163 流山市南流山6-29-1-3-514 青木宛
③市民活動推進センター設置の応募ボックス

【必要事項】学校名(学年)、名前(フリガナ)、連絡先(電話)、文章案

【問合せ】流山子育てプロジェクト:nkp.nagareyama@gmail.com

【賞】防災危機管理課賞1名 ユーモア賞1名 優秀賞3名 (図書カード1000円進呈)

【発表】9月中旬予定。受賞者には個別に連絡。団体HPに発表し、受賞式を予定しています!

NKPカルタ


みなさんのご応募お待ちしておりますっ!!

【活動報告】6/18-24 防災エコナイトウィーク

先週月曜日に発生した大阪市北部を震源とする地震により、被災されました皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。

さて、私たちは先週「防災エコナイトウィーク」を開催しました。皆さん、どんなことをやってみましたか?
NKPメンバーは、

・電気を使わずに夕飯を食べる
→明かりは懐中電灯、ランタン、手回しライトなど。夕飯の調理をカセットコンロでする。

・ガスが使えない想定で、ホットプレートにアルミを敷いて調理して食べる

・アルファ米を水で戻して食べる

・影絵大会
→電気を使わない=部屋は真っ暗、テレビはみられない。さて、こどもたちはどうする!?ってことで、意外と楽しめる♪

・通学路を親子で歩く
→危険箇所を改めて確認し合う。

・備蓄の再点検
→壊れていたカセットコンロの買い替え。手持ちのライトやカセットコンロの動作確認。
などなど、それぞれやってみました。

今回で3回目となるエコナイトですが、わが家の長女(小2)がテレビで大阪の地震のニュースを見ていたからか、今までのエコナイトよりも災害時の状況を身近に感じながら過ごしていたのが特に印象的でした。「今日は歯磨きにお水使ってもいい?ペットボトルのお水使ってブクブクぺ~してみようかな」とか、「暗い中で携帯トイレ使うのは難しいな、固めるやつ使う?お水流してもいい?」など、水についてはだいぶ気にしていた模様。(今回わが家はトイレの備蓄は取っておきたかったので、暗い中でする、のみにしました)

通学路での危険箇所の確認をしたメンバーの娘さん(同じく小2)も、自発的にメモを取りながら歩いていたそうで、こどもたちなりに感じていることもやっぱりあるんだなと実感しました。

エコナイトウィークとして提唱した期間は終わりましたが、普段から日没にこどもをお風呂に入れて暗くなっていくことに慣れさせている、という方もいました。

皆さんもできるうちに、できることをやってみてくださいね!
20180626130005749.jpg
プロフィール

流山子育てプロジェクト

Author:流山子育てプロジェクト
わたしたち「流山子育てプロジェクト」(通称:NKP)は、流山市男女共同室主催の保育付き講座「わたしへのごほうび講座」修了生と講座企画・運営を担当した「NPO法人 パートナーシップながれやま」とで発足した団体で、結成6年目を迎えます。
現在、子育て中のママ13名が、女性も男性もより活き活きとした子育てができる環境の整備、勤労世代のネットワーク化、地域参加・参画する街づくりを目指し、活動しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR