fc2ブログ

★★ブログメニュー 流山子育てプロジェクト★★

流山子育てプロジェクトブログへようこそ!
気になる記事は、以下からどうぞ♪

★★問い合わせ一覧★★


■防災カルタ注文専用フォーム
『流山市の小学生と考えた 防災カルタ』ご購入希望の方はこちらのフォームよりお問い合わせください。

■登壇・講演専用フォーム
『防災寺子屋sole!』『さらしおんぶ体験』『防災のおはなしかい』など、講演のご相談や問い合わせ、ご依頼は
こちらのフォームからご連絡ください。

■その他(メールでの問い合わせ)
nkp.nagareyama@gmail.com までお問い合わせください。

※各フォーム&メールでのお問い合わせのお返事は、nkp.nagareyama@gmail.comからお送りいたします。
メールが届くよう、迷惑メール設定をお願い致します




★★ブログカテゴリー★★

■流山子育てプロジェクトからのお知らせ
  ☆防災カルタ 購入専用ページ☆
  ☆防災寺子屋・講演・登壇 ご依頼&ご相談専用ページ☆

■NKPイベントの案内
  --- NKPイベント報告

■NKPの事業一覧
  ☆私にもできる防災・減災ノート
  ☆防災寺子屋sole!(そ~れ)
  ☆防災カルタ
  ☆防災エコナイト
  ☆防災クッキング
  ☆防災のおはなしかい
  ☆子連れおでかけMAP
  ☆男の子育てIN流山
  ☆サラシdeおんぶ

■メディア出演・紹介情報

■流山のイベント紹介
  --- 流山のイベント参加報告

■防災豆知識

■『防災カルタ』普及活動 協力施設等のご案内

■流山子育てプロジェクトのメンバー紹介
  --- メンバー紹介
  --- プロジェクトメンバーの日記
  --- コラム

スポンサーサイト



WBC第3戦 陸前高田市出身の佐々木朗希選手が登板

やえぞうです。

今日は3月11日。
震災から12年の月日が経ちました。
私たちの防災の活動も、次年度で12年の月日を迎えます。

 小学校に入学した子どもが、高校を卒業する。12年とはそれくらい長い時間で。被災された人々の心の復興と、被災地の街の復興が一歩一歩進んでいくことを、願ってやみません。

 さて、わたくし本日はワールド・ベイスボール・クラッシック第3戦。チェコ戦をTVで観戦。

 陸前高田市出身の千葉ロッテマリーンズ所属の佐々木朗希選手が先発登板。佐々木選手にとっては侍ジャパンデビュー戦となりました。

 チェコチームは守備が素晴らしく、日本チームは前半得点が得られず苦しいスタートとなりましたが、佐々木選手の好投もあり、最終的に勝利することができました。爽やかな熱戦でしたね。

 佐々木選手は陸前高田市の出身。スタンドには被災地への応援メッセージも見受けられました。

 佐々木選手は2011年の東日本大震災の津波で父親と祖父母を亡くし、実家も流されたそうです。

 当時、朗希少年は地元の少年野球チームに所属する野球少年だったそうですが、将来、野球選手になりたいとか、そういう気持ちはあまりなかったそうです。

 震災から2年後。
2013年の日本シリーズ。
朗希少年12歳の誕生日。
ちょうどその日に球団創立9年目で初の日本シリーズに出場した楽天イーグルスが優勝。その試合を、小学校の仮設住宅のTVで観戦した朗希少年はプロの野球選手になることを決意したそう。

 その朗希少年が、10年後。
3月11日、震災のその日に。
侍ジャパンのマウンドに立ち、被災地に日本中にエールを送るような素晴らしい熱投をする。
 野球に励まされた子どもが、野球で人を励ます選手になる。

12年の時の重みと、支援する、される、ということ。
上手く言えないけれど、胸がいっぱいになるWBC第3戦でした。
まる。

東日本大震災から12年

こんにちは。
メンバーのあっこです。
今日は、東日本大震災が発生した日です。12年が経ちました。
震災発生前後に生まれた子どもたちが小学校を卒業するほどの年月です。
直接の被害を受けられた方も多く、いまだ生まれ育った地に戻りたくても戻っていない方もいらっしゃるでしょう。
目に見える被害は無かったとしても多くの人に多大な影響をもたらしました。
しかし、それを知らない世代も今後増えていくことでしょう。

今年は土曜日で、子どもたちが在宅していました。
発生の時刻にはテレビをつけて、被災された土地で行われている追悼行事に合わせて黙祷をしました。

実際に被災地を訪れたことがない私が伝えられることは少ないですが、その時のことを振り返りながら子どもたちに話していきたいと思います。この大震災のあとも、多くの災害、戦争、大規模な感染症の流行など、人々が助け合わないと乗り越えられないような試練がいくつも世界で起こっています。

次の世代には互いの違いを受け入れて思いやりをもって助け合って生きていってほしいと思います。
私たちも地域の防災意識の向上を目標に、できることから活動していこうと改めて考えた日となりました。

今日は、阪神淡路大震災が発生した日

こんにちは メンバーのあさはです。

今日で、阪神淡路大震災から28年たちました。

ここ数日、新聞でも、この地震のことがかかれていて、28年たった今も、その被害で大変な思いをしている人がいることを知りました。

私は当時、社会人で、千葉に住んでいました。1/17の朝、5時46分ごろに起きていて、テレビを付けたら、地震があったことを知ってびっくりしました。

関西?そういえば、大阪に住んでいる友人がいることを思い出して、大丈夫かな?と気になりました。けれど、その前の年も北海道で、震度6の地震があったけれど、死者が多くなかったので大丈夫と思って、いつも通りに仕事へ行きました。

それで、仕事の帰りに・・電車の中で、新聞を読んでいる人がいて、生き埋め200人ほどと書いているのが見えて、全く知らなかったと思いました。
家に帰って、テレビをみたら、火事も起きていて、水がでないから火を消すことができない様子が映っていて、こんなに大変な状況になっていることを知って、びっくりしてしまいました。

大阪に住んでいる友人のことが気になって電話をしたけれど、つながらなくて、3日たってやっとつながりました。

当時は、携帯電話も普及していなくて、道端で、電話の貸し出しがされていたのを写真でみました。
壊れてしまった建物や高速道路、こういう光景を写真で初めて見て、驚くばかりでした。

普段は、普通に生活をしているけれど、災害はいつ起こるのかわからない。そのための備えと意識が必要ということを考えさせられました。

#流山子育てプロジェクト #NKP #今日は何の日 #1995年1月17日 #阪神淡路大震災# #家族で確認 #防災 #減災 #防災カルタ #BOSAI

2023年もよろしくお願いいたします!

新年あけましておめでとうございます🎍✨

今年は兎年ですね〜🐰
しかし、焦らず腐らず、できる時にできることを、私たちのペースで地道にコツコツと続けていきたいです🐢

さて、2023年の私たちの活動は、イベント出展から始まります😊

20230104202558b8a.jpg

20230104202605c75.jpg


⭐パートナーシップながれやまフェスタ 2023⭐

日時: 2023年1月28日(土) 12:30〜16:30
場所: 流山市生涯学習センター(流山エルズ) 3・4階

第一部・基調講演(12:30~14:00)
「小学校の校長先生はLGBTQをどう教えたか」中光理恵氏
定員: 申込先着順60名、保育あり
(申込み・問い合わせ先はNPO法人パートナーシップながれやま: TEL 080-5494-2323 またはチラシ内QRコードより)

第二部・関連団体による分科会(展示、ワークショップなど)

私たちNKPは、「気軽に体験!オススメ防災グッズ紹介」ということで、メンバーが自宅に備えている防災グッズの紹介や、匂い対策・寒さ対策などの体験コーナーをご用意いたします🖐
実際に見たり触れたりすることで、感じることがたくさんあると思います😄
会場でお待ちしております!

#流山子育て #流山子育てプロジェクト #流山市の小学生と考えた防災カルタ #防災減災 #百聞は一見にしかず #イベント参加します #パートナーシップながれやま #流山市生涯学習センター #本年も宜しくお願い致します #🙇
プロフィール

流山子育てプロジェクト

Author:流山子育てプロジェクト
わたしたち「流山子育てプロジェクト」(通称:NKP)は、流山市男女共同参画室主催の保育付き講座「わたしへのごほうび講座」修了生と講座企画・運営を担当した「NPO法人 パートナーシップながれやま」とで発足した団体で、結成12年目を迎えます。
現在、子育て中のママ16名が、女性も男性もより活き活きとした子育てができる環境の整備、勤労世代のネットワーク化、地域参加・参画する街づくりを目指し、活動しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR