FC2ブログ

【防災エコナイト】 防災クッキング


2019年6月18日に発生した、山形県沖を震源とする地震により、被災されました皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。


メンバーのゆきんこです。

エコナイトウィークもいよいよ最終日となりました。

私は前回のエコナイトでNKP の『火を使わずに防災クッキング』の「ひよこ豆のディップ」にチャレンジし、お気に入りの一品となりました。今回はいつも常備している大豆を使って味や食感の違いを試してみたいと作ってみました。

作り方はひよこ豆の時と同じ、ジッパー付きのビニール袋に、大豆の水煮(汁は今回使いませんでした)とマヨネーズを入れてモミモミ♪クラッカーにのせ、黒こしょうをかけて出来上がり♡

ここで味見も大切。マヨはお好みでどうぞ。

子供と一緒にモミモミしていましたが「つぶれない~」と言い出し途中ですりこぎでトントン。

IMG_20190618_193419.jpg

ビニールの端を切ってクラッカーの上にしぼりだせば、手も汚れず洗い物もなし♪

我が家の小学生はこのディップがお気に入りで、今回の大豆バージョンもパクパク食べていました。
個人的な感想ですが、食感はなめらか、味は大豆が食べなれているのもあり美味しくいただけました。


お次はデザートの「白玉フルーツポンチ」

たまたま冷凍庫にあった自然解凍で食べられる白玉を発見!!

ストックしていたフルーツ缶、夏の我が家には必需品の炭酸ジュースもあったはず!というわけで、

器に白玉、フルーツ缶、炭酸ジュースを入れるだけであっという間にデザート完成♡

とっても簡単なのに子どもは大喜びでした~(^o^)

IMG_20190622_172445.jpg

いざというときはまず冷凍庫→冷蔵庫→常温→保存食の順に食べていくのがオススメです。

家にいつもストックしてあるもので、火を使わなくてもお手軽でおいしくできる組み合わせを考え、我が家のお気に入りが一つでもみつかるといいですね。

今回もメンバーが様々な取り組みを紹介しております。

エコナイトウィークにかかわらず、我が家の防災デーを決めて日ごろから防災について考えるきっかけとなれば良いなと思っております。
スポンサーサイト

【防災エコナイト】トイレのこと

2019年6月18日に発生した、山形県沖を震源とする地震により、
被災されました皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。

メンバーのてりたまです。
今回で5回目の防災エコナイト。
わが家は「携帯おまるを試しに使ってみる!」をしてみました‼️

以前の防災エコナイトで、携帯トイレを使ってみたことがあってなかなか難しかった覚えがあり、
こどもたちはあまり乗り気でない様子…。
しかし、被災したときのトイレ問題は避けて通れません!
少しでもどんなものかわかっていたり、心構えができていると違うと思います。

今回、試してみたものはこちら↓
201906211650315d1.jpg

201906211344588fa.jpg

赤ちゃん用品店で売られていたものです。
段ボールトイレのこどもバージョンで、組み立ててみると想像以上に小さかったです!
「おまる」というくらいだから幼児向けなのでしょうが、長女(小3、身長はまあまあ高い方)はギリギリ座れていました。

実際使ってみたところ、凝固剤でかたまったのを見るのは面白かったみたいですが(笑)、
やはり緊張するものみたいで用を足すまでに時間がかかった模様。
「普段通りに用が足せない」という状況はこどもたちにとっても、かなりストレスがかかりそうだなーと改めて実感しました。

また、携帯トイレは遠出したときの非常時用に引き続き持ち歩いてはいるのですが、
使うときに成功する自信がこどもたちはもちろん、自分も…ない…。
特に車に乗っている時のことを考えると、大人は介護用オムツを車に載せておくのもありかもしれないなと個人的には思います。

トイレのことも、食事のことも、環境のことも、そこに意識を向けるだけで何かしら得られるものがあると思います。
みなさんも想像して、興味があることや簡単なことから実際に体験してみてくださいね♪

【防災エコナイト】火を使わずに防災クッキング

2019年6月18日に発生した、山形県沖を震源とする地震により、被災されました皆様、そのご家族の方々にたいしまして、心よりお見舞い申し上げます。

メンバーのやえぞうです。
わたしも#防災エコナイトに挑戦してみましたよ。

今夜は、乾物や缶詰を利用しての全く火を使わない晩御飯に挑戦!

「防災食」ですが、美味しくなくちゃ。
いや「防災食」こそ、美味しくなくっちゃ。
気持ちの塞ぐ時こそ、美味しさで、自分をチアアップ!したいですね。

さて、今宵のメニューは、
・大根シートの春巻き風
・鯖缶のガスパチョ
・ひよこ豆のカレー風味フムス
・梅干し大根
・いぶりがっこクリームチーズ
の5品

スーパーで粉末化した大根をシート状に加工した「ベジシート」を発見したので、今回はこれを使ってみたいと思います。大根は消化酵素が豊富な野菜で、摂取した他の栄養の吸収を助ける働きがあります。

レシピはどれも簡単。
3人分です。

【梅干し大根】
・切り干し大根 30g
・水200cc
・白だし 大さじ2
・梅干し 2個

まずは時間のかかる、切り干し大根から。
・切り干しは水と液体の白だしで戻す。
・梅干しは種を抜き、ラップに挟んで、包丁の背で叩く。
・30分ほどで切り干し大根が戻るので、水から取り出してキッチンペーパーなどで包んで絞る。
・ビニール袋に切り干し大根と梅干しを入れ揉む。

【ひよこ豆のカレー風味フムス】
・缶詰のひよこ豆 100g
・100均で買ってきたイナバのカレー缶詰 115g
・プレーンヨーグルト 大さじ2
・乾燥マッシュポテト 大さじ2
・クラッカー 数枚

・ひよこ豆はビニール袋に入れて、上から体重をかけて手で押して潰す(ビニール袋が切れると汚れるので、二重にする)
・ビニール袋にカレー缶詰、プレーンヨーグルト、マッシュポテトを混ぜる
・皿によそい、クラッカーを添える

カレーが辛いかな?と思い、ヨーグルトとマッシュポテトを追加してみましたが、基本豆とカレーだけでOKです。
乾燥のマッシュポテトは、食材の水分調整に便利。

【大根シートの春巻き風】
・ベジシート 大根 (5枚入り)


・ヤングコーンの水煮 100g
・ツナ缶 70g

・マグロの磯角 70g
・クリームチーズ 20g
・すり胡麻
C
・瓶詰めの鶏そぼろ 20g
・乾燥ネギ 少々
・マヨネーズ 大さじ1

乾燥ベジシートは水に軽く浸して戻し、AB Cそれぞれの具材を包み、半分にカットする。

中身は何でもいいと思います。

【いぶりがっこクリームチーズ】
いぶりがっこ 30g
クリームチーズ 50g

いぶりがっこは薄くスライスし、上にクリームチーズを乗せる。

【鯖缶のガスパチョ】
・切り干し大根の戻し汁 200cc
・水 200cc
・カットトマト缶 200g(通常の1/2)
・鯖缶 190g
・オリーブオイル 少々
・胡椒 少々
・チューブの生姜 少々

先程の切り干し大根の戻し汁にカットトマトと水を入れ、チューブの生姜とニンニクを少々で味を調える。
鯖缶を汁ごと投入し、軽くほぐす。
盛り付けたら、オリーブオイルと胡椒を少々散らす。

以上で完成です。
家族には、フムスと梅干し大根が好評でした。
水で戻しただけの切り干し大根。シャキシャキせして美味しかったです!

災害時だけでなく、暑い日などにもオススメの、火を使わないクッキング。
やってみるって、大事。
体験してみて分かること。
できること、小さなことからコツコツと。
この夏、防災クッキングにチャレンジしてみませんか?
2019062023375732d.jpeg

【防災エコナイト】買い置きの缶詰を使った簡単料理

2019年6月18日に発生した、山形県沖を震源とする地震により、被災されました皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。

私たち流山子育てプロジェクトは夏至も近いこの時期に、防災について考える『防災エコナイトウィーク』を提唱しています。

防災用品を見直す、電気を使わずに過ごしてみる、カセットコンロで料理してみる、などできることからご自宅でやってみませんか。

私、メンバーのあっこは食品の見直しをやってみました。

家庭での備蓄がしやすいやり方として、普段使える缶詰などを多めに買っておいて古い方から消費し、新しく買って追加するというローリングストック法というものがあります。

私もツナ缶やサバ缶などの買い置きをしています。

今回は、賞味期限をちょっと過ぎてしまったいわし醤油煮缶で何か作れないか考えてみました。

ネットで検索したレシピを参考に、缶詰を使ったパスタを作ってみました。

茹でたパスタに汁ごといわし醤油煮をあえて、酢を少々足します。いわしを食べやすい大きさに崩しながら混ぜるだけ!

酢の効果でさっぱりして、意外と子どもにも好評でした😆

魚の味付け缶詰はたくさん種類があるので、お好みのものを見つけて買っておくことをおすすめします。

災害が起きても、好きなもの、美味しいものを食べて元気でいたいですよね。

簡単なことから災害への備えを進めて行きましょう!

【防災エコナイト】センサーライト設置!!

こんばんは!メンバーのあきゅです。

現在、NKPが提唱する『エコナイトウィーク』期間になっています!
みなさん、どんなことをしようかなーと思っている方も多いと思いますが、
我が家は「普段不便なことを解消すれば防災にも役立つ?」ことを目標に、子どもたちとちょっと話し合ってみました。


子どもたちが普段不便だと思っていること・・・色々出てきましたが、話を聞いた中で、
「夜、トイレに行く時に廊下が暗いんだよ、夜は電気をつけてほしい」ということがちょっと気になりました。
うーーん、、夜数回しか行かないトイレのために、廊下の電気をつけっぱなしって、かなり電気代もったいなくない?
でも、確かに、夜廊下が真っ暗なのは子供たちの言う通り。。。

というわけで、流山のお隣三郷にあるイ〇アに行きまして、「ワードローブ用のセンサーライト(電池を利用するもの)」を
購入してきました。これ、とっても安くて、2個入りで1000円しません。
単4電池3本で動くので、電源を取れない場所なんかにも使える便利な代物です。
壁には、両面テープで張り付けるタイプなので、賃貸のお宅でも、壁に穴をあけることなく使えます。
もちろん、センサー付きなので、いつでも光ってる訳ではなく、人が近づくとパパッとついてくれます。

image1.jpg

・・・と言う訳で、早速設置してみたところ、思った以上に明るいこれは素晴らしい!
子ども達にも好評で、「これでオバケがいたら困るなーって思いながら、トイレに行かずに済むね!」って、嬉しそうにしてました。

ぜひ、夜中オバケの出現にハラハラしているお子さんいましたら、お勧めです。
いや、『災害時、停電の時も足元を明るく照らしてくれる』が正解です。

#流山子育てプロジェクト #NKP
#防災エコナイト
#センサーライト
#オバケも逃げる
プロフィール

流山子育てプロジェクト

Author:流山子育てプロジェクト
わたしたち「流山子育てプロジェクト」(通称:NKP)は、流山市男女共同参画室主催の保育付き講座「わたしへのごほうび講座」修了生と講座企画・運営を担当した「NPO法人 パートナーシップながれやま」とで発足した団体で、結成10年目を迎えます。
現在、子育て中のママ16名が、女性も男性もより活き活きとした子育てができる環境の整備、勤労世代のネットワーク化、地域参加・参画する街づくりを目指し、活動しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR