FC2ブログ

流山市総合防災訓練!

NKPてりたまです。
長かったような短かったような、こどもたち夏休み最後の日曜日!ここのところ、急に涼しくなり寒いくらいになり、新学期が始まる前に体調を整えておかねばなりませんね。。

さて、今日は流山市総合防災訓練がありました。あいにくのお天気でしたが、災害はいつ、どんな状況下で起こるかわかりませんのでいい機会になったと思います。(とはいえ、わが家のこどもたちはおうちで夫と留守番でしたが。。。)

そんなわが家でも実施できたのが、最初の訓練「シェイクアウト」訓練です。
流山シェイクアウト
ここ最近、使われ始めた言葉だと思うので馴染みのない方が多いかもしれませんが、とにかく地震が起きた時は、
1.まず低く 2.頭を守り 3.動かない」ですよ!

この他にも、情報の伝達・避難指示の訓練や、消火器やバケツリレーで行なった「初期消火訓練」、無線を使って災害対策本部(流山北小学校)から小山小学校まで物資を運ぶやりとりをした「通信・物資輸送訓練」、災害救助犬・市民・消防団が協力して瓦礫から救助・搬送をする訓練、救急治療に関わる一連の行動を行なう訓練やはしご車を使用した訓練などが行なわれました。

↑これは、担架の作り方です。竹竿と毛布でできます、ちゃんと運べるのかなと思っていましたがバッチリです!



また、起震車による地震の体験や炊事車、高性能救助車、給水車などの展示もあり、炊事車で作った唐揚げやアルファ米の炊き込みごはんの試食もあり、悪天候にも関わらず親子連れも多く参加している姿が見られました。
防災関係機関・企業のブースにはNKPも出展し、防災ノートの販売や備蓄展示・紹介をさせていただきました。来てくださった皆様、ありがとうございます!

今回の訓練の市民参加は、流山北小学校近隣の自治会の方々が中心で、その他一般の参加者は見学となっていましたが、見学していてやはり「体験すること」の重要性を改めて実感しました。(消火器の使い方や避難時の声かけ、バケツリレーなど、実際はパニック状態になってしまうほうが多いかもしれません。)
帰宅後に備蓄の見直しをしながら、今後行なわれる自治会の防災訓練に積極的に参加しよう!そして、防災寺子屋sole!(そ〜れ)のキャラバンや今年度のNKPの活動もますます気合い入れていくぞー!と気が引き締まったのでありました。
スポンサーサイト



おおたかの森こども図書館行ってみました。

先日、前々から行こうと思っていてなかなか行けずにいた
おおたかの森の「こども図書館」に行ってきました。

そうしたら普通の図書館と利用方法がちょっと違っていたので
お知らせします。

まずアクセスですが、おおたかの森駅から徒歩約11分と書かれていますが
子ども連れではもう少しかかりそうかな。
こども図書館アクセス1-50
こども図書館アクセス2-70

おおたかの森駅側に駐車場や駐輪場があります。
入口は敷地のほぼ中央に飛び出しているホールの奥、左右どちらからでも入れます。

利用する上での大きな違いは
・事務室で「こども図書館入館証」を借りて入館
・土足厳禁(スリッパに履き替える)
・2階にある(エレベータで上がる)
です。

①上図のオレンジ色「事務室」で、子ども図書館を利用する旨申し出て入館証を受け取る
②上図のピンクの矢印でエレベータに進む手前に、赤で示した靴箱があるので
 ここでスリッパに履き替える
RIMG0566-8.jpg
 写真すぐのオレンジ色のところは、中学校の階段なので立ち入り禁止です。
③奥の黄緑色のあたり?にエレベータがあります。
 待っているのが面倒なので階段で上がりたかったのですが
 通常のこども図書館利用者の使える階段は無いそうなので、エレベータで上がってください。
 小中学校併設でセキュリティ上とか配置とか色々あるのでしょうね。
④降りると右斜め前に入口があります。
RIMG0565-8.jpg
 ちょっとわかりにくいのですが、写真の「開館中」看板の左手の白い扉が引き戸になっています。
 奥の見えているところはガラスですのでご注意を!
⑤通常の開架スペースは普通に見れます。
 絵本の広場では、スリッパを脱いで上がります。
RIMG0564-8.jpg
 他に奥に閲覧スペースがあるようでしたが、子どもにせかされてよく見れませんでした。

蔵書としては、8000冊ということで少な目ですね。
でも置いてあるのが子どもの本ばかりなので、利用者も子連れや子持ちの方が多くて
気楽に行けそう。
次は子どもがいない隙にゆっくりみたいな~
絵本だけでなく、ジュニア向けの本などもあったみたいです。

それにしても、途中で靴を脱ぐって情報はどこにもなかったのですが、なんでかな?
たしか公式HPにもなかったんでちょっと戸惑いました。

大人の本はありませんが、ネットなどで予約して受け取りはできるようなので
お近くの方は便利ですよね。
ちょっと離れている方も、機会があればぜひご利用ください。

プロフィール

流山子育てプロジェクト

Author:流山子育てプロジェクト
わたしたち「流山子育てプロジェクト」(通称:NKP)は、流山市男女共同参画室主催の保育付き講座「わたしへのごほうび講座」修了生と講座企画・運営を担当した「NPO法人 パートナーシップながれやま」とで発足した団体で、結成10年目を迎えます。
現在、子育て中のママ16名が、女性も男性もより活き活きとした子育てができる環境の整備、勤労世代のネットワーク化、地域参加・参画する街づくりを目指し、活動しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR