流山子育てPJT代表あいさつ

 こんにちは。流山子育てプロジェクト代表の青木です。

 わたしたち、流山子育てプロジェクトは、流山市が主催し、NPO法人パートナーシップながれやまが企画運営する、子育てママ向けの保育付き講座「わたしへのごほうび講座」の修了生を中心に結成された任意団体です。

 「わたしへのごほうび講座」は、毎年5~6月にかけて、南流山センターにて開催される男女共同参画について学ぶ講座です。
毎年、内容は変わるのですが、私が受講した年度は、人間関係の中で自分の意見をきちんと伝える手法を学んだり、新聞を切り抜きながらメディアリテラシーについて学んだりといった内容でした。
私も、おそらく他のメンバーも、講座を受講した時点では、「男女共同参画って何それ美味しい?」状態からのスタート。
単に「講座に保育がついているから、幼稚園に行く前に、こういう場所で慣らし保育してみようかな」というのが受講動機でした。
(ちなみに、6年を経た現在も、本講座は流山市で唯一の保育付き連続講座なのです…あらら~)

 講座終了時に、今後のプロジェクト活動に参加を希望する人が、毎年メンバーに追加され、現在子育て中のママ13名で活動しています。
引っ越しや転勤、再就職などメンバーの出入りはありますが、本年度で結成6年目を迎えました。ぱちぱち。

 流山子育てプロジェクトでは、これまでに、家に閉じこもらないで積極的に子連れで外に出ていこうというコンセプトの地域MAP 「子連れお出かけMAP」や、子育てを楽しむお父さんを応援する冊子「男の育児IN流山」、乳幼児のいる家庭の防災について考える「わたしにもできる 防災減災ノートIN流山」などの制作活動を行ってきました。

 本年度は、昨年制作した冊子「わたしにもできる 防災減災ノートIN流山」を活用した防災知識の普及啓発を目的として、防災キャラバン隊「防災寺子屋sole!(そ~れ)」を結成。
市内のイベントや自治会の防災イベントなどに出向き、乳幼児を抱えるご家庭での防災減災害について地域の皆さんと一緒に考えて行きたいと思っております。
自治会や子ども会、幼稚園保育園など、ワークショップを体験してみたいという団体がありましたら、是非ご連絡下さい。


 最後になりましたが、私たち流山子育てプロジェクトが目指すものは、子育て中の母親の孤立の解消、男女両性によるより活き活きとした子育て環境の整備、勤労世代のネットワーク化、地域参加・参画です。
男性も女性も、仕事と子育ての他にもうひとつ、自分の居場所があったらいいな、と感じたことはありませんか?
母(父)であることも、会社員や主婦、夫や妻、そういった「役割」ベースでなく、ただの「わたし」として自分の気持ちを話せる仲間が欲しいと思いませんか?
まさに今、「わたし」の生きている、呼吸している、感じているリアルを発信していくこと。
ドキドキしながら、もう半歩、前に出て立ち止まり、今、必要だと感じている何かのために自分ができることを、少しだけ、言ってみよう、やってみよう!
 …まだまだ、何だか危なっかしい素人集団なのですが、温かく見守って頂けたら幸甚でございます。

 今年も、もうすぐ、ごほうび講座が始まります。
素晴らしい講座なので(保育もついているし)、ご関心のある方は是非ご参加ください。
新たな出会いを心待ちにしております。
スポンサーサイト
プロフィール

流山子育てプロジェクト

Author:流山子育てプロジェクト
わたしたち「流山子育てプロジェクト」(通称:NKP)は、流山市男女共同室主催の保育付き講座「わたしへのごほうび講座」修了生と講座企画・運営を担当した「NPO法人 パートナーシップながれやま」とで発足した団体で、結成6年目を迎えます。
現在、子育て中のママ13名が、女性も男性もより活き活きとした子育てができる環境の整備、勤労世代のネットワーク化、地域参加・参画する街づくりを目指し、活動しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR