FC2ブログ

【活動報告】4/3 小学生のための防災おはなしかい

こんにちは、NKPひろりんです。
いよいよ新年度が始まりましたね!
始業式直前・春休み終わり間近で親子ともども煮詰まり気味な(笑)4/3に、南流山センターにて小学生を対象にした防災講座を開催いたしました!

※こどもたちの様子をお伝えしたく少し長くなってしまいましたので、お時間のある時にぜひお読みください♪

講座には小学1年生から新中学1年生まで25名と多くのご参加をいただきました。
最年少から最年長までランダムに選び4つの班に分け、先ずは班別に自己紹介からスタートです。
お名前、通っている学校と学年、好きな食べ物を発表しあい、お互いが分かったところで各班ごとに力を合わせてのクイズです!
『流山市内の救急車の数は?』
『防災の日はいつ?』
など計5問の三択方式で行いました。
「私は○○だと思う」
「僕は△△だと思う」
「多数決にしよう!」
など子どもたちだけで話し合う姿は立派です。
次に私たち流山子育てプロジェクト代表の青木が小学生向けの講義を行いました。
子どもたち全員に質問を投げかけるよう話すと挙手をする子がたくさん!
しかも、しっかりとした答えです。
それだけではなく子どもたちからの質問もたくさん!!
私たちが思うより子どもたちは防災に対する意識が高いと感じる時間でした。
休憩を挟み、またまた班別で今度はワークショップです。
『避難時の子ども用リュックの中身を考えよう』というお題。
「のみもの」「たべもの」「ゲーム」と考えがあふれ出てきます。
子どもたちだけで考えるには難しいかと、各班に付いていた担当スタッフがヒントを伝えると「懐中電灯」「ラジオ」「乾電池」「メモ帳」など次々と出てきます。
「楽しい物もあると嬉しいんじゃない?」と伝えてみると「おやつ」「トランプ」「大好きなゼリー!」などなど、またまた考えがあふれ出てきました。
ある程度まとまったら班ごとの発表です。
自分の班でも出た物には嬉しそうな笑顔、出なかった物には真剣な顔で頷く、という光景も見られました。
最後は私たちが作った防災替え歌をみんなで歌い、受講証明書を渡し終了です。
アンケートを書いてもらいましたが「たのしい」「またきたい」と嬉しい感想をたくさんいただきました。
なかには、ちょっとした誤字もありましたが、誤字になるような小さな子まで一所懸命に書いてくれ『楽しかった』と喜んでくれたのは、とても嬉しく思います。
子ども向け講座は初めてでしたが、子どもたちは私たちが思う以上に防災意識が高く知識も豊富です。大人より詳しいのではないかと思うほどです。
日頃、学校などでの教えのおかげもあると思います。学校だけで終わらせないよう、私たちは今後も楽しみながら学べる機会を作っていきたいと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

流山子育てプロジェクト

Author:流山子育てプロジェクト
わたしたち「流山子育てプロジェクト」(通称:NKP)は、流山市男女共同室主催の保育付き講座「わたしへのごほうび講座」修了生と講座企画・運営を担当した「NPO法人 パートナーシップながれやま」とで発足した団体で、結成6年目を迎えます。
現在、子育て中のママ13名が、女性も男性もより活き活きとした子育てができる環境の整備、勤労世代のネットワーク化、地域参加・参画する街づくりを目指し、活動しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR