FC2ブログ

【防災エコナイト】トイレのこと

2019年6月18日に発生した、山形県沖を震源とする地震により、
被災されました皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。

メンバーのてりたまです。
今回で5回目の防災エコナイト。
わが家は「携帯おまるを試しに使ってみる!」をしてみました‼️

以前の防災エコナイトで、携帯トイレを使ってみたことがあってなかなか難しかった覚えがあり、
こどもたちはあまり乗り気でない様子…。
しかし、被災したときのトイレ問題は避けて通れません!
少しでもどんなものかわかっていたり、心構えができていると違うと思います。

今回、試してみたものはこちら↓
201906211650315d1.jpg

201906211344588fa.jpg

赤ちゃん用品店で売られていたものです。
段ボールトイレのこどもバージョンで、組み立ててみると想像以上に小さかったです!
「おまる」というくらいだから幼児向けなのでしょうが、長女(小3、身長はまあまあ高い方)はギリギリ座れていました。

実際使ってみたところ、凝固剤でかたまったのを見るのは面白かったみたいですが(笑)、
やはり緊張するものみたいで用を足すまでに時間がかかった模様。
「普段通りに用が足せない」という状況はこどもたちにとっても、かなりストレスがかかりそうだなーと改めて実感しました。

また、携帯トイレは遠出したときの非常時用に引き続き持ち歩いてはいるのですが、
使うときに成功する自信がこどもたちはもちろん、自分も…ない…。
特に車に乗っている時のことを考えると、大人は介護用オムツを車に載せておくのもありかもしれないなと個人的には思います。

トイレのことも、食事のことも、環境のことも、そこに意識を向けるだけで何かしら得られるものがあると思います。
みなさんも想像して、興味があることや簡単なことから実際に体験してみてくださいね♪
スポンサーサイト



プロフィール

流山子育てプロジェクト

Author:流山子育てプロジェクト
わたしたち「流山子育てプロジェクト」(通称:NKP)は、流山市男女共同参画室主催の保育付き講座「わたしへのごほうび講座」修了生と講座企画・運営を担当した「NPO法人 パートナーシップながれやま」とで発足した団体で、結成10年目を迎えます。
現在、子育て中のママ16名が、女性も男性もより活き活きとした子育てができる環境の整備、勤労世代のネットワーク化、地域参加・参画する街づくりを目指し、活動しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR