ふるさと納税返礼品に流山産コシヒカリを追加

furusatonouzei kome2016

ずうっと勘違いしていたんですけど、
流山市民は流山市にふるさと納税できないって思っていたら
違うんですね。
ふるさと納税と言われる寄付は誰でもどこでもできるけれど
地域によっては、返礼品はその土地を外部の人にPRするためのものなので
地域外の人にしか返礼品を送らないところもある、ということみたいです。

でも流山は市内、市外在住は問わないそうです。
お米も普通の精米だけではなく、玄米・5分づき・7分づき・無洗米と
色々選べるのもうれしいですね。

もう一つ、ふるさと納税では、寄付先を自分の興味関心のある事業・基金に
できるのもポイントだと思っています。
今現在、健康福祉基金やふるさと緑の基金、国際交流基金など
7つの基金から選べるので、流山にこういうところに力を入れてもらいたい、という
事業を選んで寄付できますよね。

ただ、お隣の松戸市では返礼品贈呈をこの8月から始めたみたいなんですが
その種類がかなり多いんですよね。

あと、今は色々なふるさと納税紹介サイトのようなところで
他と比較しながら納税先を選べるので
そういうところの窓口を持っていないと、あまり市外の人にはアピールしないんじゃないかな~
と思ったりしました。

がんばれ流山市。
http://www.city.nagareyama.chiba.jp/information/19228/19229/025037.html
スポンサーサイト
プロフィール

流山子育てプロジェクト

Author:流山子育てプロジェクト
わたしたち「流山子育てプロジェクト」(通称:NKP)は、流山市男女共同室主催の保育付き講座「わたしへのごほうび講座」修了生と講座企画・運営を担当した「NPO法人 パートナーシップながれやま」とで発足した団体で、結成6年目を迎えます。
現在、子育て中のママ13名が、女性も男性もより活き活きとした子育てができる環境の整備、勤労世代のネットワーク化、地域参加・参画する街づくりを目指し、活動しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR